てんで猫、まるで猫。

marutoten.exblog.jp
ブログトップ

ワルチン

みなさん、こんにちは。
私はマル。

テンが起こした事件についてご報告します。
その事件が起こったのはテンが来て4日目。1年以上前のことよ。

私は何と言ってもお上品。
お上品だからこそ、3匹の中から1番先におうちが決まったのよ。
そのことについてご存じない方はコチラ

テンが来た頃、私はまだ小さかったから、キッチンの上に上ったりは出来なかったわ。
それに何しろお上品ですもの、そんなハシタナイことしませんの。

それがテンときたら、キッチンだろうが棚の上だろうがお構いなしに上がっちゃうの。
それも、父サンや母サンが出かけて誰もいなくなってから上がるのよ。
ずる賢い奴。

テンが来るときに保護主さんからもらったオヤツを、母サンはキッチンカウンターの物陰に置いたの。
シート型のジャーキータイプのオヤツ。
袋入りで3つ。

その日、テンはキッチンカウンターに上がって、そのオヤツを発見したのよ。
テンの好物だったみたいで、テンはそれをカウンターから落としたわ。
そして、袋に噛みつき始めたの。
私はあきれて見ていたわ。
破ったりできるのかしら?
でも、テンは遂にビニールの袋を食いちぎって、中のオヤツをむしゃむしゃ食べ始めたの。
信じられない!
私は父サンや母サンがくれたもの以外食べたことも、食べようと思ったこともないわ。
これじゃあ、泥棒猫じゃないの!
なんてお下品な猫なの!

そこへ、ジイジがやってきたわ。
「おや、何か食べてるね。オヤツをもらったのかい、クロちゃん」

キーッ!
私は今度はジイジにあきれたわ。
何をすっとぼけた事言ってんのよ。
ジイジ!以下の2点について反論いたしますっ!

1つ目。
まず、こいつの名前は「クロ」じゃなくて「テン」よ。
だいたい、ジイジはすぐに名前を間違えるの。
私のことも「タマちゃん」って何度も呼んだでしょ。「タマ」って誰よ!
バアバから「マルちゃんよ」って訂正されていたわ。

2つ目。
父サンも母サンもずっと前に出かけたんだから、今頃オヤツを食べているはずがないでしょ。
考えたらわかるでしょ。
盗み食いしてるんじゃないかって疑ってよ!
もう!全く使えないんだから!
ジイジじゃなくてジジイって呼ぶわよっ!

でも、私の反論も虚しく、ジイジは行ってしまったわ。

テンはその間も次々と袋を破っては、むしゃむしゃと食べ続けたのよ。
1袋に7枚くらい入っているのよ。
なんて意地汚い猫なの。
お上品な私には考えられない行動だったわ。

それからしばらくして、恐るべき事態になったのよ。
テンが今度は食べたオヤツをゲロゲロと吐き始めたのよ。床のあちこちに。
なんてこと!
意地汚いだけじゃなく、本当に汚い猫!
食べ過ぎに決っているわ。
あんなに一気に食べて。

そこへバアバがやってきたの。

バアバ!このゲロ吐き泥棒猫をどうにかしてっ!

「まぁ!テンちゃん、どうしたの?具合が悪いの?おなかが痛いの?かわいそうに」
そう言いながら、きれい好きのバアバは床を掃除してくれたわ。
掃除してくれたのは嬉しいけれど、こいつはかわいそうでも何でもないのよ。
自業自得。

人間ってどうして、こうも物わかりが悪いのかしら。

夕方になって、父サンと母サンが帰ってきたわ。
バアバが今日の事を説明していたの。
「テンちゃんが吐いたのよ。それもたくさん。どこか具合が悪いんじゃないかしら。病院に連れていかなくていいの?」
母サンは驚いていたわ。
「昨日ワクチンを受けたから副作用かもしれない。でも、昨日は元気だったのに変ね。それとも新しい家に来てストレスなのかしら。かわいそうなテン」

人間なんて、どいつも、こいつもバカばっか。
副作用でもストレスないわよ。
がっついたバチが当たっただけ。
傍で話を聞いていた私はイライラしちゃったわ。

しばらくして、母サンがカーテンの陰から何かを発見したの。
「何?このゴミは?」
母サンは、そのゴミをまじまじと見ていたわ。
「あーーーっ!これは、猫オヤツの袋!」
キッチンカウンターを探していたけど、猫オヤツは見つからなかったみたい。当たり前だけど。
慌ててバアバのところに行ったわ。
「テンが吐いたものって、どんなものだった?」
「黒っぽい、固い物だったわよ」
そこへジイジが通りかかったわ。
「そうそう、10時頃見に行ったら何か食べてたよ。オヤツもらったんだなあと思っていた」
母サンは「あっちゃー」って顔していた。

リビングに戻ると、母サンは捜索を始めたわ。
そしたら、ゴミ箱の陰とソファの下から、猫ジャーキーの袋が見つかったの。
父サンに報告していたわ。
父サンもあきれていた。
「テンはキッチンカウンターに上れるのかな?」
「上れるってことみたいね。見たことはないけど。私達がいない昼間は、上っていたんじゃないの」

父サンはテンにこう言ったの。
「マルがマルチンなら、おまえはワルチンだ!!」
(マルチンのことをご存じない方はコチラ

ほーらね。
悪いことはバレるのよ。

おー、ほっほっほっ!
新入生君、慎みなさ~い!
f0304957_018128.jpg

これは、テンが来た日の写真よ。
あら、テンも若いわね。
by marutenmama | 2014-04-20 00:28 | ネコ | Comments(0)

三毛猫マル(♀)と白黒猫テン(♂)と私の日々。


by marutenmama