てんで猫、まるで猫。

marutoten.exblog.jp
ブログトップ

猫へのゴール(父サン編)

私は父サンです。

私がスーパーの掲示板で見つけた運命の三姉妹猫。
掲示板の子猫の写真を携帯で撮って、毎日眺めて暮らしました。
どの子も超がつくくらい可愛いのです。
「どの子がいいかなあ。迷うなあ」
愛らしい三毛がいいでしょうか。キジは私が子どもの頃に飼っていた猫に似ていて愛着を感じます。白黒もお茶目な感じです。
毎日、そのことばかり考えました。

しかし、母サンがバアバに猫を飼うことをなかなか相談しないのです。
「ねえ、聞いてくれた?」
何度も母サンに催促しました。
「うーん、まだ・・・」
小学生ではあるまいし、いつまでグズグズしているのでしょう。
早くしないと子猫が他の誰かにもらわれてしまうかもしれません。私がバアバに聞いてみようかと思ったくらいです。

2週間も過ぎて、やっと母サンがバアバからOKを取り付けました。
晴れて、子猫を迎えることができます。

ところが、思ってもみなかった問題が浮上したのです。

母サンが猫の先輩と尊敬するお友達から、「猫は3匹がよろし」というメールが届いたのです。
これには私も仰天しました。
しかし、3匹が良いという理由を聞くと、至極もっともで納得できるものでした。
猫の教育上も3匹のほうがずっと良いようです。
どの子にするか迷う必要もありません。可愛い子猫が3匹も我が家にやってくるなんて、考えただけでワクワクします。
猫が3倍!嬉しさ3倍!幸せ3倍!
よし、思い切って3匹まとめて譲ってもらおうと決心しました。

しかし、インターネットの相談コーナーで、このようなものを見つけたのです。
『猫を飼い始めましたが、猫を好きになれません。どうしたらいいですか?』
母サンは今は猫を飼うと盛り上がっていますが、実際に飼ったことはないですから、猫を好きになる保証はありません。
3匹飼って好きになれなかったら、猫も母サンも不幸3倍です。
やっぱり1匹にすべきでしょうか。

しかし、母サンのお友達のいう複数飼うことの利点を考えると、3匹と言わないまでも、せめて2匹にした方がいいでしょうか。

何匹飼うかで迷い過ぎて、遂に母サンが「今回の子猫は見送って、もう一度何匹飼うかゆっくり考えたら?」と言い出したのです。
それはダメです。あの子猫でなければ!
もう、私はこれ以上待てません。

初心に帰って、まず1匹。

これが私が出した結論です。母サンも同意しました。

私は保護主さんに急いで電話をして、猫を譲っていただきたいとお願いしたのです。
f0304957_0472928.jpg

by marutenmama | 2014-02-12 23:07 | ネコ | Comments(0)

三毛猫マル(♀)と白黒猫テン(♂)と私の日々。


by marutenmama