てんで猫、まるで猫。

marutoten.exblog.jp
ブログトップ

猫へのハードル

あの茶色の猫に会ってから、猫を飼うことに決めました。
少なくとも、私の心の中では。

しかし、実際に飼うにはちょっとしたハードルがありました。
私の両親です。ジイジとバアバと呼ぶことにします。

うちは二世帯住宅で、私の両親と同居しています。
それぞれの世帯はドアで区切られているものの、行き来は自由。
猫を飼うには、両親の承諾を得る必要があります。

ジイジはおそらく、どうでもいいよ、と言うでしょう。

問題はバアバです。

バアバは私と同じで、あまり動物が好きではありません。
それにきれい好き。
毛が散ったり、壁紙に爪を立てたりする猫を歓迎してくれるでしょうか。
バアバが難色を示せば、猫飼い計画も見直しを必要とします。

バアバに切り出す勇気がなかなか出ませんでした。
反対されたらどうしよう。
こんな厚かましいオバハンになっているのに、言い出せないないとは・・・。
そうこうしているうちに、猫を飼うと決めてから、2週間が過ぎてしまいました。

自分自身が情けなくなって、情けなさが限界にきた日、勇気をだしてバアバに聞きました。
「猫を飼いたいと思っているんだけど、どうかしら。」
バアバの返事はあっけないものでした。
「いいわよー。可愛がってあげるわよ。バアバから離れたくないっていうくらい可愛がってあげるわよ」

ハードルはクリア!
あとは猫へのゴールへ向かって、一直線に進むだけ。

と、思っていたのですが・・・。
f0304957_23525231.jpg

by marutenmama | 2014-01-28 00:21 | ネコ | Comments(0)

三毛猫マル(♀)と白黒猫テン(♂)と私の日々。


by marutenmama