てんで猫、まるで猫。

marutoten.exblog.jp
ブログトップ

銀河鉄道999@小倉駅

先日、北九州市の小倉駅に行きました。
駅から出たところにあるベンチ。
座っておられるのは「銀河鉄道999」のメーテル。
傍らに立つ鉄郎。

f0304957_23453574.jpg


少し離れたところで、行き交う人々を眺めるキャプテンハーロック。
f0304957_23453635.jpg
作者の松本零士氏が北九州市出身(少年時代を過ごした)ということで作られたようです。

と、記事を書きながら「銀河鉄道999」とか「キャプテンハーロック」とか、ご存じない方の方が多いのかもと思いました。



ところで。
私は映画を見に行く時、まずネットで評価を調べて点数が高いものを観に行くことが多いのです。
他人の評価に流されてはいけないと思いつつ、結構アテになるのでございますよ。
そこで、先日観に行ったのが「この世界の片隅に」。
アニメの絵があまり好みでないので躊躇していたのですが、世間でも話題になりネットの評価もそこそこ高い。
で、行ったのです。
観終わったあとの感想としては「まあ面白かったけど、評価ほどではなかった、かな」と。
でもです。
数日経ったら、なんだかじわじわと良かったなと思い出されるのです。
あとからゆっくり効いてくる、そんな感じの映画でした。





# by marutenmama | 2017-03-05 10:00 | 旅行

まだ、寒い!

数日前、天気を見ようと洗面所の窓を少し開けて、外を覗きました。
窓を開ける音に気が付いたのか、マルテンがどこからともなく走ってきました。
最近、寒くて窓を開ける機会も無いので、久々の外気に触れたかったのでしょう。

食い入るように外を見ているマル。
f0304957_00004394.jpg
いや~、寒いです。
少ししか開けてない窓だけど、冷たい風が寒くて寒くて。

マル、窓を閉めたいんだけど・・・。
f0304957_00004303.jpg
「やだ!」by マル



一方、テンスケ。
マルと一緒に外を見たけれど、わずか5秒で退散。
どこに行ったのかと思ったら、台所のカウンターの上に鎮座しておりました。
ここは暖かくてテンスケお気に入りの場所。
f0304957_00004437.jpg
「寒いのは苦手じゃ」by テンスケ




# by marutenmama | 2017-03-02 21:00 | ネコ
昨日夕方、母サン所有の布製手提げバッグと化粧品お試しセットがなくなっていることに家族が気がつき警察に盗難届が出された。警察の捜索により盗難品は一階リビングに遺棄されているのが発見された。現場の防犯カメラには容疑者らしき影が写っており警察が慎重に捜査を進めている。

f0304957_18224920.jpg


# by marutenmama | 2017-02-26 10:00 | ネコ

焼き芋

焼き芋をオーブントースターで作りました。
熱々で触れないくらいだったので、テーブルに置いて少し冷ましていたら・・・。

マルテンが興味津々。
f0304957_00011028.jpg
猫舌の君たちには無理です!


春が近づいてきましたね。
庭の沈丁花の蕾が開き始めていい香りです。
f0304957_23390072.jpg



花壇の隅っこではクロッカスが咲いています。
f0304957_23390162.jpg



先日、映画に行きました。
「沈黙 サイレンス」
遠藤周作 原作、マーティン・スコセッシ監督
大変良かったです。本当に。
観た後、数日間、何度も映像が頭の中に浮かんできました。
原作は読んだことがありませんが、是非読んでみたいです。




# by marutenmama | 2017-02-23 21:00 | ネコ

ラブリー・テンスケ

最近のテンスケは私のベッドで寝ていることが多いのです。

仕事から帰ると、丸くなってグースカ。
f0304957_22561690.jpg


夜は私より先にベッドで丸くなって待っています。
毎晩、テンスケは私と並んで、私の腕枕で寝ているんです。

「母サン、まだ寝ないのかなぁ」
f0304957_22561617.jpg



「テンスケ、そろそろ寝る?」と顔を近づけてみたら、ほら、こんな顔をするんです。

f0304957_22561786.jpg
「うん、早く寝よっ」by テンスケ

いやーん、かわいい♬

注: このブログにおけるネコのセリフは母サンの脳内に沸き起こった、半ば妄想のようなものであり、事実と異なる場合もごさいますので、あらかじめご了承下さい。



# by marutenmama | 2017-02-19 09:00 | ネコ

三毛猫マル(♀)と白黒猫テン(♂)と私の日々。


by marutenmama