てんで猫、まるで猫。

marutoten.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

蜘蛛

夜、そろそろ寝ようかと思っていたら、普段ならベッドに飛び乗ってくるはずのテンスケが壁を凝視して動きません。
テンスケの視線の先をたどってみると。

蜘蛛。

それも、小さいのではなくそこそこの大きさ。

「うっ!」

私は昆虫は得意ではありません。
特に蜘蛛は…。
1センチ足らずの小さなのはオーケーですが、このサイズになるとかなり厳しい。

マルも気配を感じたのか登場。

チョロチョロと動く蜘蛛をガン見しています。

f0304957_07364406.jpg


蜘蛛が動くとマルテンも動く。

f0304957_07364573.jpg


特にマルはプルプルと尻尾を動かし、戦闘態勢。

今にも飛びかかりそう、と思ったとたん!

わっっ!
f0304957_07364636.jpg

マルがジャンプ!

でも、全然届きませんでした。

しかし、蜘蛛は失踪。
消え失せてしまいました。

マルテンもあちこちを見回しますが、蜘蛛の姿はありません。

蜘蛛も危険を察知したのでしょう。
蜘蛛も我々も顔を合わせない方が、お互いの幸せというものですね。はい。


by marutenmama | 2016-10-29 12:00 | ネコ

冷蔵庫

冷蔵庫の季節がやってきました。

夏の間は見向きもされなかった冷蔵庫。

先日、マルが「冷蔵庫の上にあがりたいよ~」と生ゴミ処理機の上に乗りましたから、母サンは慌てて冷蔵庫の上を拭きましたよ。
こういう時でないと掃除しない冷蔵庫の上。
f0304957_07342887.jpg
この写真が、この秋はじめての冷蔵庫の上のマルテンでございます。
暖かい良い場所を陣取っているのはテンスケ。


庭のキンモクセイが満開で甘い香りを放っております。
f0304957_23125162.jpg
秋が深まっている香りですね。





by marutenmama | 2016-10-20 23:00 | ネコ

ネクタイ

あ~っ!
テンスケがまた二階から何か持ってきた!
f0304957_23351384.jpg
父サン、ネクタイを置きっぱなしにしていると、こいうことになるよ。
ネクタイは埃だらけ。

ま、私のじゃないからいいけどね。







by marutenmama | 2016-10-16 16:46 | ネコ

夜鳴き

マルちゃん、お昼寝中悪いんだけど、母サンはマルちゃんに質問があります。
f0304957_00012653.jpg
『何?』



どうして、最近、夜中に鳴くんですか?
f0304957_00012756.jpg
『え?そうだっけ?』


あんなに夜鳴きされたら、母サンは眠れませんよ。
f0304957_00012826.jpg
『は~ぁ?昼寝すればいいじゃん。くだらない話で私を起こさないでよね~~』





by marutenmama | 2016-10-13 22:27 | ネコ
ダラリと寛いでいるテンスケ。
f0304957_09075241.jpg

ねぇ、テンスケ。
気持ち良さそうだね。

f0304957_09075356.jpg
『ここは、風がそよそよときて暑からず寒からず丁度いい。その上、爪も研げる。文句ナシだぜ』


じゃ、サンルームにはどうして出ないの?
風も吹くし、気持ちいいよ。
f0304957_09075424.jpg
『理由なんか無いよ。俺様はあそこがキライなだけ、それだけ』


もしかしたら、テンスケは高所恐怖症じゃないかって噂があるんだけど、どうなの?
f0304957_09075563.jpg
『うるせえよ!
そんなにサンルームがいいなら、お前が入っとけ!』




by marutenmama | 2016-10-09 19:34 | ネコ

秋空

「秋になったわね〜」とサンルームでひとり空を見上げるマル。
f0304957_20520734.jpg



「あら、テンスケも来たのね。お隣のお庭に鳥が見えるわよ。こっちに出てきたらどう?」
f0304957_20520884.jpg



「ねえ、テンスケ、サンルームは眺めが良くて気持ちがいいわよ。こっちに来なさいよ」
f0304957_20520821.jpg


「テンスケったらどうして出てこないの?もう、アンタの頑固ぶりにはあきれてモノが言えないわ」
f0304957_20520905.jpg
「・・・」by テンスケ

「多分テンスケにはテンスケなりの理由があるんだよ」by 母サン






by marutenmama | 2016-10-06 23:10 | ネコ

三毛猫マル(♀)と白黒猫テン(♂)と私の日々。


by marutenmama